テキスト版やまと社協だより 第228号 2019年6月15日発行

“ 住民ひとりひとりの参加を基本に共に支えあう福祉のまちづくりを”

社会福祉協議会(社協=しゃきょう)は、市民の参加と協力によって運営され、地域福祉の推進を図る民間の組織です。

もくじ

目次へ

「市社協ふれあい特集」Vol.54(取組み編)

写真

保育園でのふれあい

写真

高齢者施設でのふれあい

地域ではぐくむ、みんなにやさしい福祉の芽
~やまとボランティアセンターが橋渡しをする福祉教育事業~」

やまとボランティアセンターでは、地区社会福祉協議会などのご協力により、学校などにむけて祉について学べる場づくりのサポートを行っています。このことについて、次のページで詳しくご紹介します。

この広報紙の財源には共同募金の一部をあてています。

 

地域ではぐくむ、みんなにやさしい福祉の芽
~やまとボランティアセンターが橋渡しをする福祉教育事業~

大和市社会福祉協議会やまとボランティアセンターでは、福祉への理解促進のためボランティアや地区社会福祉協議会、障がいのある人・団体、高齢者等施設の協力により、学校やPTA、企業、とくに夏休みの期間には中高生にむけて福祉について学べる場の提供をおこなっております。そこで、今回は福祉教育にたずさわっている講師やボランティア受入施設や、協力者の思いや実際に参加した子どもの思いをご紹介します。

インタビュアー

40年前に体操のケガで首から下が不自由になったご自身の体
験などを小学校でこどもたちに語ってくれた金子さん。こど
もたちに伝えたかったことは何ですか。

講演講師の思い

「お年寄りや障がいのある人が困っていたら声をかける勇気
を持ってくれたり、友達にいじめをしないような『心のバリア
フリー』を大切にして欲しいこと。
また、どんなに辛いことがあっても生きることを諦あきらめないよう
『命の大切さ」を知ってもらいたい。

写真

写真

インタビュアー

夏休み期間に中高生の体験学習を受け入れてくれたのは、どんな思いからですか。

高齢者施設の思い

夏祭りでの模擬店で活動する学生さんと入所者様が温かな笑顔で交流している様子は、何よりうれしい光景です。閉鎖的になりがちな高齢者施設にとって、中高生の若いエネルギーはかけがえのない魅力となっています。

受入保育園の思い

「保育園の子どもたちは、お兄さん・お姉さんに甘え、遊んでもらうことをとても喜んでいます。乳幼児と関わる体験から、将来、保育士を目指す方が増えてくださると嬉しく思います。」

参加した中高生の思い

「なかなかできない貴重な体験をすることができたので、今後もこういう機会があったらやりたいなと思いました」「ボランティアをさせてもらったことで、少しでも社会のことを考えようと思いました。」

写真

写真

 

目次へ

● 市社協情報コーナー●
夏休み福祉体験チャレンジ学習&保育入門講座
~「選ぶ」「学ぶ」「体験する!」夏にしかできない体験がココにはある!~

やまとボランティアセンターでは中高生が夏休みの期間を活
用してボランティア体験ができる事業を企画しています!高齢
者・障がい者・園児など活動の幅は無限大!きっとやりたいこ
とが見つかります!

 

◇◆◇◆日程など◇◆◇◆

[Step1]オリエンテーション:7月23日(火)10時~12時
[Step2]体験期間:7月24日(水)~8月20日(火)
[Step3]修了式:8月21日(水)10時~12時
※場所は大和市保健福祉センター4階講習室Ⅰ・Ⅱ
対 象:市内在住または在学の中高生

写真

(a) 保育園での体験

写真

(b) 高齢者施設のお祭り体験
   7 月27 日、8 月2・3 日

写真

(c) 高齢者施設での体験

写真

(d) 子育て支援センターでの体験

写真

e) 障がい者施設での体験

写真

(f) 車イス清掃体験
     7 月26 日、8 月2・7・8・16 日

申込み: 7月12日(金)までに「やまとボランティアセンター」に
電話で申込みください。
TEL:046-260-5643 FAX:050-3730-9430 
※(a)のみ7月6日(土)締め切り

みんなで楽しく遊ぼう
~障がいのある小・中学生を対象にした
夏休みイベント~

◆ 7月23日(火)ヒップホップ
◆ 7月25日(木)、8月21日(水)ムーブメント
◆ 7月30日(火)、8月6日(火)和太鼓
と き:10:00~11:30
ところ:大和市勤労福祉会館3階ホール
参加費:各回500円
申込み 大和市障害者自立支援センター
問合せ TEL:046-265-5198(担当:髙橋・塩原)

同時開催
災害に備える夏期講習災害時にそなえ
学ぼう・作ろう・考えよう

大和市に大きな災害が起きた時、大人も子どもも助け合いが必要になります。「その時」に備えるための知識や技術を学ぶための勉強会を開催します!夏休みにチャレンジしませんか!?
日 時:8月17日(土)10:00~14:00
場 所:大和市保健福祉センター4階講習室など
内 容:災害に関する講習/炊き出し訓練など
対 象: 市内在住/在学の中高生20名程度
申込み: 電話でやまとボランティアセンターに申込み
                 TEL:046-260-5643

大和市社会福祉協議会会員加入のお願い
~あなたの会費が地域福祉を支えています~

自治会の皆様のご協力のもと募集しています

◆ 一般会費(一世帯)…年額 300 円
◆ 賛助会費(一口)……年額1,000 円以上
◆ 特別会費(一口)……年額5,000 円以上

市社協から直接ご依頼し
募集しています

◆ 自治会外特別会費(会社・企業)
  ………………………一口 5,000 円以上
◆ 種別会費(団体・施設)
  ………………………(年額)5,000 円

「会員制度」は、地域福祉を進める主役は住民一人ひとりであるという認識のもとに、会員に加入していただくこと自体が地域福祉に参加する方法の一つとして設けられているもので、募金や寄附と同様に皆様の任意に基づくものです。

※大和市社会福祉協議会の会員会費は寄附金控除の対象になります。
会員会費に関する問合せは…総務課 TEL:046-260-5633

 

目次へ

平成30 年度 大和市社会福祉協議会
決算の状況と主な事業の報告

●社会福祉事業区分 収入 431,678,829 円

※( )内は構成割合を表します。

< 会費収入>

17,372,510 円(4.0%)
会員の皆様からお預かりした一般・
賛助・特別・種別会費

< 寄附金収入>

6,633,703 円(1.5%)
住民の皆様や団体、企業等から
いただいた寄附金

< 補助金・受託金収入>

211,982,779 円(49.1%)
市・県社協等からの事業を行うた
めの補助金・受託金

< 共同募金配分金収入>

11,213,000 円(2.6%)
赤い羽根、年末たすけあい募金か
らの配分金

< 介護保険事業収入>

68,720,048 円(15.9%)
居宅介護支援事業、通所介護事業
報酬等

< その他収入>

115,756,789 円(26.9%)
事業別予算間の繰入れ、積立金取
崩収入、前期末支払資金残高等

●社会福祉事業区分 支出 359,895,174 円

※( )内は構成割合を表します。

< 企画広報啓発事業>

23,572,105 円(6.6%)
「やまと社協だより」の発行(年6回)、地域福祉セミナーやまとの開催等を行いました。

写真

< 共同募金配分事業>

10,370,752 円(2.9%)
地域福祉活動などに取り組む団体等に配分しました。

写真

< あんしんセンター事業>

6,617,892 円(1.8%)
主に身上監護を必要とする方を対象とした法人後見事業や成年後見専門相談窓口の開設、福祉サービス利用援助と日常的金銭管理を行う日常生活自立支援事業を行いました。新規事業として、市民後見人の養成にも取り組みました。

< ボランティア活動事業>

7,231,642 円(2.0%)
ボランティア活動の情報提供、ボランティア養成講座等の開催、情報紙の発行、地区社会福祉協議会の活動支援等を行いました。

写真

< 介護保険事業>

9,815,436 円(2.7%)
介護保険制度における居宅介護支援事業を実施しました。

< 指定管理事業>

123,896,286 円(34.4%)
「大和市まごころ地域福祉センター」の指定管理者として、老人デイサービス事業、子育て支援センター事業、地域包括支援センター事業等を実施しました。

写真

< 地域援護事業>

20,859,255 円(5.8%)
平成27 年に施行された生活困窮者自立支援法に基づき、大和市から委託を受けて自立相談支援事業を行ったほか、生活福祉資金や緊急生活資金の貸付相談、交通遺児世帯に対する給付事業等を行いました。

< 法人運営事業>

135,459,872 円(37.6%)
住民代表や関係施設・団体等の代表により構成されている理事会、監事会、評議員会において審議、執行され、具体的な事業は事務局により推進しました。

< 在宅援護委託事業>

22,071,934 円(6.2%)
大和市からの委託事業として①障がい者支援事業、②ふれあいネットワーク事業、③生きがい対応型デイサービス事業を実施しました。

写真

収益事業区分

収入6,778,302 円

飲料自販機(23 台)と証明写真機(1 台)の売上手数料、入れ歯リサイクルにより104 個回収した還元金等

支出

3,355,485 円人件費及び事務費支出、社会福祉事業区分への繰出し

イラスト

本件に関するお問い合せ…総務課 TEL:046-260-5633

 

目次へ

すぐ話(はな)せる手話(しゅわ)No.115 駅名(えきめい)シリーズ「桜ヶ丘(さくらがおか)・高座渋谷(こうざしぶや)」

【桜ヶ丘(さくらがおか)】
両手(りょうて)指先(ゆびさき)を曲(ま)げ向(む)かい合(あ)わせる
開(ひら)きながら左(ひだり)に回(まわ)す
(つぼみが咲(さ)くようす)

【高座渋谷(こうざしぶや)】
右手(みぎて)で指文字(ゆびもじ)「コ」を作(つく)り顔(かお)の横(よこ)で上(うえ)にあげる(カタカナの「コ」)
折(お)り曲(ま)げた右手(みぎて)5指(し)を口(くち)の前(まえ)で上下(じょうげ)させる(渋い)

復習

前号は、「鶴間・大和」でした。社
協ホームページの社協だより
二百二十七号をチェックしてね。

ふくしのこころ み~つけた!「暮(く)らしの福祉探検隊(ふくしたんけんたい)」90

男の子

「子(こ)どもや背(せ)の低(ひく)い人(ひと)車(くるま)イスを使(つか)っている人(ひと)みんなが使(つか)いやすい自動販売機(じどうはんばいき)がふえているんだって。」

お母さん

「みんなにとって使(つか)いやすいように考(かんが)えられた、「ユニバーサルデザイン」をさがしてみてね。」

写真

~一番(いちばん)上(うえ)のボタンを、押(お) しやすいところに~

写真

~商品(しょうひん)をとる時(とき)に役(やく)立(だ) つ手(て) すりとテーブル~

写真

~コインがいれやすいように~

問合せ:やまとボランティアセンター
    TEL:046 - 260 - 5643

福祉作文を募集します

大和市福祉推進委員会では、「思いやりの心」「いたわりの心」「やさしい心」など福祉の心を考えていただくとともに、
大和市「福祉の日」(10 月15 日)を知っていただくことを目的に福祉作文を募集します。

1.作文テーマ

「日頃、福祉について感じたこと、考えていること、体験したこと」

2.募集対象

大和市内に在住・在学の小学校4年生から高校3年生まで

3.原稿枚数

400 字原稿用紙3枚以内 ※原則手書き(手書きが困難な場合のみ、パソコンでの作成可)
※ 必ず最初の3行に題名、学校名・学年・クラス、氏名を明記してください。

4.作文の提出

・市内の学校に通っている方については、学校に提出してください。
・ 大和市内にお住まいで、大和市外の学校に通っている方については、直接郵便で応募先までお送りください。

5.そ の 他

・ 優秀作文については、10月12日(土)に行われる「福祉の日」の集いで表彰され、市のホームページなどに掲載されます。
・応募作文の著作権は、主催者に帰属するものとします。
・提出作品は返却しません。

6.原稿締切

9月6 日(金)必着

7.応募先・照会先 

大和市福祉推進委員会事務局
健康福祉総務課 地域福祉係 荒瀬、柴田
住所 〒242-0004 大和市鶴間1-31-7(大和市保健福祉センター内)
TEL:046-260-5604 FAX:046-262-0999
* 受賞者は、お名前、学校名等が公表されますので、予めご了承ください。

 

目次へ

大切にします あなたの善意
皆さまからの善意の寄附をお待ちしています。ご協力よろしくお願いします。

問合せ:総務課 TEL:046-260-5633 

皆さまからの善意の寄附は、ボランティア活動や地区社協活動の推進、広報活動の充実等、市社協の事業を行う上での貴重な財源になります。金額にかかわらず、年間を通して募集しておりますのでご協力をいただきますようお願いいたします。なお、寄託品についてもご相談ください。平成31 年3 月1 日から4 月30 日までにお寄せいただいた寄附金は25 件410,538 円、寄託品は84 件でした。
どうもありがとうございました。

寄附金をお寄せいただいた皆さま(敬称略・順不同)

社会福祉のために 

  • 藤田 勉3 件
  • イトーヨーカドー労働組合大和鶴間支部
  • 石川ファミリーアンサンブル3 件
  • ㈲肉の太田屋
  • ㈱ししくらセレモニー
  • ポポの木整骨院
  • 法師人佳代子
  • 大和市民踊協会
  • 書き損じハガキ(3,500 枚分)
  • 愛の小箱
  • ハンドメイドマーケットmakanani &絆小屋
  • 大和中ロータリークラブ&絆小屋
  • メガネのアキ&絆小屋
  • カフェ・スプンティーノ&絆小屋2 件
  • ダン・デ・リヨン&絆小屋
  • ポポの木整骨院&絆小屋
  • 匿名2 件

障がい福祉のために

  • 岡田 稔2件

寄託品をお寄せいただいた皆さま(敬称略・順不同)

  • ㈱アペックス…トイレットペーパー400 ロール
  • 小泉康生(やすお) …座卓、テーブル、照明、カーテン
  • 神林(かんばやし)和子…紙オムツ
  • 中川…切手シート、商品券
  • イトーヨーカドー大和鶴間店…景品
  • ㈱真心葬祭…紙オムツ
  • 田沼千栄子…籐かご材料
  • ㈱港南サービス…日用品他
  • 中央2・3 丁目居場所サロン…ハガキ
  • 高桑誠順(じょうじゅん)…冷蔵庫、洗濯機他
  • 西尾美枝子…布
  • 山崎正子(まさこ) …リュック、靴下
  • 皆川温子…切手・収入印紙
  • 荻山美枝子…貴重品袋
  • 古塩(こしお)和義…急須、湯飲み、紙オムツ
  • 金子健一…ガステーブル、ベビーバス、こたつ
  • 十文字ちさ子…子供用衣装/
  • 勝俣文雄…ベビーベッド、使用済み切手
  • 小澤正行…ポータブルトイレ、電子レンジ、ポット、布団等
  • 福山雅夫…羽毛布団
  • 古林(ふるばやし)真理…冷蔵庫、タオル
  • 匿名(27 件)…衣装ケース、ラッピング袋、絵本、テレビ、布団、缶バッジ、チャイルドシート、すべり台、ベビーサークル、フライパン、子供服、カーテン、毛糸、羽織、切手、冷蔵庫、電子レンジ、トースター、色鉛筆、おもちゃ等

~もったいないからありがとうへ~にご協力いただいた皆さま(敬称略・順不同)

  • ㈱悠煇ドキわくランド大和駅前店2 件
  • TMP㈱2 件
  • 飯吉(いいよし)正(ただし)
  • 山口景子
  • お楽しみサロン“しんみち”代表 稲田こと
  • (特非)ワーカーズ・コレクティブ想
  • ㈱セブン- イレブン・ジャパン
  • 匿名18 件

※ 大和市社会福祉協議会への寄附は、寄附金控除(所得控除か税額控除を選択できます。)の対象になります。詳しくは、市社協総務課へご連絡いただくか、ホームページをご覧ください。
なお、寄附金をお寄せいただいた皆さまは広報やまとでも紹介しています。寄附者のご紹介はホームページでもご覧いただくことができます。

捨てないで! そのハガキ!
未使用切手も大歓迎です!!
書き損じや未使用の年賀ハガキなどをぜひご寄附ください

平成28 年4 月から募集を始めた書き損じハガキは平成31 年4 月末現在で70,811 枚に達し、2,709,810 円を寄附金としてお預かりしました。引き続き、皆さまのご協力をお待ちしております。なお、寄附BOX 設置場所はホームページをご覧いただくか、総務課にお問い合わせください。

入れ歯の寄附、ご協力ください

入れ歯には再利用可能な貴金属が含まれており、精製することにより得られた収益金を、地域福祉活動の推進に役立てています。
回収BOX の設置場所等詳細はホームページをご覧ください。

※平成30年度 大和市善意銀行に寄せられた寄附金  

円グラフ

合計 145件

6,633,703円

社会福祉のために

4,983,498円(119件)

障がい福祉のために

66,000 円(13件)

地区社協等へ(指定寄附) 

1,502,405 円(11件)

交通遺児のために

81,800円(2件)

※平成30年度 大和市善意銀行に寄せられた寄託品

合計 522件
寄託品は福祉施設や障がい福祉サービス事業所、地域包括支援センターの対象者等に利用していただきました。そのうち食料品の寄附は222 件で、自立相談窓口や緊急生活資金の借受相談者の他、こども部からの紹介者、市内の『こども食堂』へ提供しました。

地域福祉の貢献にはこんな取り組みもあります!

桜ヶ丘駅西口のメガネのアキでは、手作りボランティア“絆小屋”が製作している笑顔ストラップを展示しています。お客様のメガネの調整を無料で行っていますが支払いの申し出を受けた場合、ストラップの購入を勧めているそうです。売上金は材料費を除き市社協に寄附されます。現在、カフェ・スプンティーノ(鶴間)、ダン・デ・リヨン(桜ヶ丘)でも展示販売しています。またハンドメイドマーケットmakanani(高座渋谷)は絆小屋と社協の橋渡しをし、巾着等も展示しています。お近くにお出かけの際はお店をのぞいてみてください。

写真

メガネのアキ展示

写真

高座渋谷駅東口すぐメガネのアキ展示 マカナニ

 

目次へ

大和市子育て支援センター情報

※離乳食・授乳コーナーがあります。新たにランチルームがオープンしました。
子育て支援センターサロンは月~土(祝日を除く)9:00 ~ 16:30 未就学児が遊べる場所です

産後すぐのママのおしゃべりの場 ほや*ほや

日 時:①6月27日(木) ②7月25日(木)13:30 ~ 15:00
内 容: 育児不安の軽減を目的とした情報交換と交流
     親子のふれあい遊び
対 象:①2019年3,4,5月生の母子、安定期に入った妊婦
    ②2019年4,5,6月生の母子、安定期に入った妊婦
    各25組(先着順)
持ち物:バスタオル、授乳ケープ(必要な方)
    ※講座への参加は対象児に限ります。
申込み:①5月15日(水)~ ②6月17日(月)~

ママとベビーの友達づくりの場 バブちゃんとあそぼ!

日 時:7月 9 日(火)①10:30 ~ 11:30②14:00 ~ 15:00
    8月13日(火)③10:30 ~ 11:30④14:00 ~ 15:00
内 容: 育児不安の軽減を目的とした情報交換と交流
     親子のふれあい遊び
持ち物:バスタオル、授乳ケープ(必要な方)
対 象:①②平成31年1,2,3月生の母子
    ③④平成31年2,3,4月生の母子
    各20組(先着順)
申込み:①②6月17日(月)~ ③④7月16日(火)~

ママのためのおしゃべりの場 ちぇりー・かふぇ

日 時:①7月12日(金)(個別)②8月9日(金)(グループ)
    ①9:30~10:30,10:30~11:30②10:00~11:30(9:30受付)
内 容: 母親がかかえる育児に対する不安やストレスを軽減する場、母親同士の情報交換など
    (グループトークの会と個別の会があります)
対 象:未就学児を子育て中の母*保育有り(定員各2 ~ 6名)
申込み:随時

身体測定・育児相談

日 時:①6月17日(月)9:30 ~ 10:30
    ②7月 2 日(火)9:30 ~ 10:30
    ③8月 5 日(月)9:30 ~ 10:30
内 容: 乳幼児の身体測定と育児相談(希望者のみ)
<相談担当>
    ①③小児科医(エコチル育児相談)、保育士
    ②保健師、栄養士、保育士
申込み:不要

O-38ママのつどい

日 時: 6月25日(火)10:00 ~ 11:30
内 容:育児ワンポイントアドバイス、参加者同士の交流など 
講 師:大和市保健師
対 象: 38歳以上で第1子を出産した母と1歳半までの子(平成29年12月以降に生まれた子)、38歳以上の妊婦
    30組(先着順)
申込み:6月3日(月)~

写真

0-38 ママのつどい

ママのための交流の場 ポニョ∞ポニョ

日 時:7月4日(木)①10:30 ~ 11:30 ②14:00 ~ 15:00
    8月1日(木) ③10:30 ~ 11:30 ④14:00 ~ 15:00
内 容:育児不安の軽減を目的とした情報交換と交流
    親子のふれあい遊び
対 象:①②平成30年10,11,12月生の母子
    ③④平成30年11,12月、平成31年1月生の母子
    各20組(先着順)
申込み:①②6月17日(月)~ ③④7月16日(火)~

ふたごちゃん・みつごちゃんのつどい 
TWINKLE☆スター

日 時:①6月18日(火)②7月16日(火)10:30 ~ 11:30
内 容: 情報交換、育児相談、身体測定(講座終了後、参加者同士でランチ交流あり。希望者は昼食持参)
対 象:ふたご、みつごの親子(妊娠中も可)
    各15組
申込み:随時(当日参加も可)

幼児安全法短期講習会

日 時:6月21日(金)10:00 ~ 12:00
内 容: 救急車が到着するまでや受診するまでの間に出来る応急手当
講 師: 赤十字幼児安全法指導員 久保田 利二(としじ)氏
持ち物: バンダナ・動き易い服装
対 象:未就学児を持つ保護者(乳幼児同室)
    20組(先着順) 保護者のみの参加も可
申込み:6月3日(月)~ 

* 参加費はすべて無料です。*場所の記載がない講座は、子育て支援センター(まごころ地域福祉センター2階)で行います。
申込み及び問合せは、下記までお願いします。
大和市子育て支援センター 〒242-0022 大和市柳橋2-11 TEL:046-267-9985

●臨時職員( 非常勤) 募集●

大和市社協まごころデイサービスセンター

職種 :介護職/ 介護福祉士または介護職員初任者研修
応募要件:修了者
勤務時間:通所介護等での介護業務
     月~土の週2 ~ 3 日
     (8:30 ~ 18:00 までの8 時間以内)
勤務場所:大和市まごころ地域福祉センター
      (柳橋2-11)
採用日:随時採用。半年契約(更新の場合あり)
応募方法:電話にて随時応募。応募時に面接日程を調整。
その他:詳細は本会ホームページをご覧ください。
問合せ:まごころセンターTEL:046-267-9992

生きがい対応型デイサービス事業「ひまわりサロン」

職種・応募要件:①介護職/ 介護福祉士または介護職員初任者研修修了者・運転免許所有
           ②看護職/看護師
職務内容:①ひまわりサロンでの介護予防プログラム等運営スタッフ
     ②ひまわりサロンでの看護業務
勤務時間:月~土の週2日程度
                 (9:30 ~ 15:00の間の5時間)
応募方法:電話にて随時応募。応募時に面接日程を調整。
その他:詳細は本会ホームページをご覧ください。
問合せ:生活支援課 TEL:046-260-5634

 

目次へ

きて・みて・きいて/ぼしゅう・募集・ぼしゅう

●介護者教室●
心と身体の健康は栄養から
~低栄養対策はじめましょう!~

と き:7月8日(月)13:30 ~ 15:30
ところ:大和市まごころ地域福祉センター 2階
             (柳橋2-11)※駐車場はございません
内 容:管理栄養士による栄養講話
    高齢者向け宅配弁当サービスの実際(試食あり)
講 師:栄養サポートやまと 管理栄養士 石川 裕子(ゆうこ)氏
    高齢者向け配食サービス
    まごころ弁当大和店 原澤 哲益(あきのり)氏
対 象: 定員20 名
     現在、ご家族の介護や身の回りの支援をしている人
     これからの家族介護や支援のために学びたい人
問合せ:福田北地域包括支援センター(まごころセンター) 
    TEL:046-267-9992

●点訳ボランティア養成講座●

と き:9月5日(木)~令和2年2月20日(木)13:00 ~ 15:00
      ※毎週木曜日・全18 回
      ※ただし、毎月第4 木曜日と12/19、1/2 を除く
ところ:大和市保健福祉センター 4 階 視聴覚室
対 象:すべての日程に参加可能で、終了後にいっしょにボランティア活動ができる方20 名
    (定員を超えた場合は抽選)
受講料:2,300 円(テキスト代として)
申込み: はがきに住所・氏名・年齢・電話番号・「点訳ボラン
    ティア養成講座受講希望」と明記の上、7月31日(水)までに、大和市点訳赤十字奉仕団へ郵送ください。
    (〒242-0004鶴間1-31-7やまとボランティアセンター内)
主 催:大和市点訳赤十字奉仕団 
講 師 :TEL:046 - 274 - 8997(担当:石井19:00 以降)
問合せ :Eメール:yamato.tenyaku0462@gmail.com

●ひまわりの郷 納涼祭●

と き:8月4日(日)17:00 ~ 18:30※雨天中止
ところ: ひまわりの郷駐車場(上和田3467-1)
内 容: 屋台、盆踊り、和太鼓、職員による出し物など
問合せ:特別養護老人ホームひまわりの郷
TEL:046-201-0310(担当:大内)

イラスト

●ボランティア実践講座●

と き: 7月23日(火)10:00 ~ 12:00
内 容: 保育ボランティア活動に役立つ遊びの習得(親子遊びの紹介や制作など)、お話し会での発表
対 象: 保育ボランティア活動中、または活動予定の方
     30名(先着順)
     ※お子様もご一緒に参加いただけます。
ところ:子育て支援センター 
申込み:TEL:046-267-9985
     (6月17日(月)より受付)

写真

●市民福祉のつどい●

と き:7月25日(木)10:00 ~ 16:00
ところ:イオンモール大和1階ライトコート
内 容:手話や録音体験コーナーと市内のボランティアグループの活動パネル展示等
主 催:大和市ボランティア連絡協議会
問合せ:やまとボランティアセンター
    TEL:046-260-5643

~地域福祉活動の現場をバスでめぐる~
●令和元年度第1回地域福祉活動見学会●

大和市社会福祉協議会では、市社協会員会費の使途や市
社協事業の概要等を市民の皆様方にご理解いただくため、
次のとおり見学会を開催します。ぜひご参加ください。
と き:7月19日(金)10:00 ~ 15:30
ところ:大和市保健福祉センター4階講習室(集合)
内 容:大和市社会福祉協議会の事業概要説明、市内福祉施設の見学等(バスで移動)
    ・特別養護老人ホームひまわりの郷
    ・まごころ地域福祉センター
定 員:25名(先着順/初参加の方・市内在住優先)
参加費:300円
申込み:7月12日(金)までに総務課に電話で申し込みください。
TEL:046-260-5633

~もったいないからありがとうへ~

経済的に困り、緊急に食料を必要とする方がいらっしゃいます。賞味期限が1カ月以上ある食料品や非常食、お中元などの贈答品をご提供ください。
缶詰・米・アルファ米・レトルト食品・ビスケット、お菓子等
※ お預かりした食料品は自立相談窓口相談者、こども部等への相談者、市内こども食堂へお渡しし、大変喜ばれています。ご協力をお願いいたします。
問合せ:総務課 TEL:046 - 260 - 5633

イラスト

◎社協だよりへの広告掲載募集!

お問い合わせは、やまとボランティアセンターへ
(TEL : 046-260-5643 FAX : 050-3730-9430)

次号の発行は

※次号の発行は8 月15 日です。
掲載したい情報は、6 月28 日(金)までにお寄せ下さい。
なお、紙面が埋まり次第、受付を締め切らせていただき
ます。ご意見・ご感想もお待ちしております。