テキスト版やまと社協だより 第216号 2017年6月15日発行

住民ひとりひとりの参加を基本に共に支えあう福祉のまちづくりを社会福祉協議会(社協=しゃきょう)は、住民の参加と協力によって運営され、地域福祉の推進を図る民間の組織です。

もくじ

目次へ

市社協ふれあい特集Vol.42(取組み編)
『捨てないで!そのハガキ!』①
~まちがえちゃったハガキにもできることがある~

年賀ハガキなどを自宅で印刷する方は多いのではないでしょうか。
一方で裏と表を逆に印刷してしまったなど、失敗例もよく耳にします。
また、手書きの場合は一字間違えただけでも相手に失礼がないよう、書き直すという方も多いと思います。
皆さんはそんな書き間違えてしまったり未使用で今後もしようする予定のないハガキは、どうしていますか?
捨てようと思っていた方は、ちょっと待ってください!!
そのハガキ、地域福祉を進めるうえでとても貴重です。
ぜひ大和社会福祉協議会にご寄附ください。

寄附されたハガキは福祉啓発事業などに

市社協が書き損じや未使用のハガキ、未使用切手の寄附募集をはじめたのは昨年4月から。
寄附ボックスへの投函や市社協事務局への持参、さらには企業や団体が募集して取りまとめていただくなど、今年4月までに寄せられたハガキや切手は22,103枚。
そのうち21,006枚を換金して、寄附金として預かった金額は793,760円に上ります。
市社協では、ハガキなどの換金ブンを含め寄せられた寄付金は、社協だよりの発行や地域福祉セミナーなど福祉啓発事業、
地区社会福祉協議会活動の支援、ボランティアセンターの運営費などに活用しています。
また、一時的に生活に困った方へ小口の貸付けを行なう緊急生活資金の財源にもなっています。

取組みのきっかけ

市社協が住民の皆さんからの寄附を適正に配分するために組織している「善意銀行運営委員会」。
その委員会で「市社協で書き損じハガキを募集してはどうか。寄附というとためらうが、
自宅にあるハガキで地域福祉に貢献できるということであれば協力しやすいのでは」という提案がきっかけです。
同じころ、鶴間の二条通り商店街で「カットスタジオみどり」を経営する
足立原正弘(あだちはら まさひろ)さんからも書き損じハガキを集めて欲しいと依頼を受けました。
店では毎年お客様に心を込めた手書きの暑中見舞いや年賀ハガキ、絵手紙を出しているが、失敗することも多いとのこと。
また、お客様でも失敗したハガキを郵便局へ持って行くのも手間だし、どこかで回収してくれるところがあれば協力したいという声もある、ということでした。

ハガキのボックスで広がる会話

現在、公共施設を中心に33箇所にハガキの寄附ボックスを設置していますが、ハガキ募集の提案をしていただいた縁もあって「カットスタジオみどり」にも設置しています。

写真

カットスタジオみどり

音声コード

この広報紙の財源には共同募金の一部をあてています。
目の不自由な方が、活字文書読み上げ装置を利用できるよう、音声コードを配置しています。
コードの横には切り込みを入れ、目印としています。
目次へ

市社協ふれあい特集Vol.42(取組み編)
『捨てないで!そのハガキ!』②
~まちがえちゃったハガキにもできることがある~

「寄附ボックスを置くことでお客様との会話も広がり、お店が人と人とをつなぐ場所にもなっている。」と足立原さんは言います。
「寄附をする」というとハードルが高く感じられる方も多いと思いますが、
多くの家庭では書き損じや使わないままの眠っているハガキや切手があるのではないでしょうか。
その1枚が地域福祉をさらに後押ししてくれることになります。
該当するハガキなどがありましたら、ぜひご寄附ください。
また、寄附ボックスを設置していただけるお店なども募集中です。

寄附ボックス設置場所(5月31日現在)

  • 大和市役所1階ロビー<新設しました>
  • 大和市内各コミュニティセンター(鶴間会館を除く)
    <深見中、草加会館に新設しました>
  • 大和市保健福祉センター1階ロビー
  • 文化創造拠点シリウス1階ロビー
  • 大和市民活動センター(中央1-5-1)
  • ぷらっと中央林間 ◇ぷらっと高座渋谷
  • 共生型コミュニティ「ひだまり」(上和田団地内)
  • カットスタジオみどり(二条通商店街内)
  • 大和自動車学校 ◇つきみ野自治会館
  • 大和ボランティアセンター(大和市保健福祉センター4階)
  • まごころ地域福祉センター(柳橋2-11)
  • 子育て支援センター(まごころ地域福祉センター2階)
  • 大和市社会福祉協議会事務局(大和市役所第2分庁舎)

5月13日・14日の大和市民まつりでは、638枚のハガキをお寄せいただきました。ありがとうございました。

書き損じハガキQ&A

Q 寄附したハガキはどのようにしてお金になるの?

A 郵便局で切手シートに換えて、その切手シートを金券ショップで買い取ってもらうんだ。
郵便局では手数料が必要だけど、受け取る切手シートで差し引いてもらえるよ。

Q 今のハガキじゃないとダメ?古いハガキだったらあるんだけどなあ。

A 古いハガキでも大丈夫。4円のハガキを寄附してくれた人もいるよ。
温かい気持ちの現れだし、もちろん貴重な財源にもなるんだ。

Q どんなハガキでもいいの?

A 消印があるものや年賀状として受けたハガキはダメ。また、切手を貼る必要があるハガキも対象にならないんだ。

Q 切手も大丈夫?

A 未使用切手もハガキと同じように換えてもらえるから、あったらぜひ寄附してね。
これとは別に使用済み切手の寄附も受け付けていて、それは障がい者支援施設に送られるよ。

Q 住所とか氏名は塗りつぶさないとダメ?

A 寄附ボックスにはカギがかかっているけど、気になる人はマジックなどで消してから入れることを勧めるよ。
どうしても気になる人は、直接市社協に届けるか郵送でも受け付けているし、
たくさんあるという人は連絡してもらえれば伺うこともできるよ。

この記事に関する問い合わせは、総務課(TEL:046-260-5633)までお願いいたします。
目次へ

平成28年度 大和市社会福祉協議会 決算の状況と主な事業の報告

社会福祉事業区分 収入 422,315,885円 ※( )内は構成割合を表します。

会費収入
17,988,120円(4.3%)
会員の皆様からお預かりした一般・賛助・特別・種別会費
寄付金収入
5,403,544円(1.3%)
住民の皆様や団体、企業等から頂いた寄付金
補助金・受託金収入
186,956,786円(44.3%)
市・県社協等からの事業を行なうための補助金・受託金
共同基金配分金収入
11,507,246円(2.7%)
赤い羽根、年末たすけあい募金からの配分金
介護保険事業収入
78,576,731円(18.6%)
居宅介護支援事業、通所介護事業報酬等
その他収入
121,883,458円(28.8%)
事業別予算間の繰入れ、積立金取崩収入、前期末支払資金残高等

社会福祉事業区分 支出 344,212,907円 ※( )内は構成割合を表します。

企画広報啓発事業
24,493,455円(7.1%)
「やまと社協だより」の発行(年6回)、地域福祉セミナーやまとの開催等行ないました。

写真

やまと社協だより

あんしんセンター事業
6,207,458円(1.8%)
主に身上監護を必要とする方を対象とした法人後見事業や成年後見専門相談窓口の開設、福祉サービス利用援助と日常的金銭管理を行なう日常生活自立支援事業を行ないました。

ボランティア活動事業
7,060,657円(2.1%)
ボランティア活動の情報提供、ボランティア養成講座等の開催、情報誌の発行、地区社会福祉協議会の活動支援等を行ないました。

写真

車イスと人

共同基金配分事業
11,866,390円(3.5%)
地域福祉活動などに取り組む団体や施設に配分しました。

写真

募金

地域援護事業
16,602,083円(4.8%)
平成27年に施行された生活困窮者自立支援法に基づき、大和市から委託を受けて自立相談支援事業を行なったほか、生活福祉資金や緊急生活資金の貸付相談、交通遺児世帯に対する給付金事業等を行ないました。

在宅援護委託事業
24,559,956円(7.1%)
大和市からの委託事業として①障がい者支援事業、②配食サービス事業、③ふれあいネットワーク事業、④生きがい対応型デイサービス事業を実施しました。

写真

体操

介護保険事業
9,771,533円(2.8%)
介護保険制度における居宅介護支援事業を実施しました。

指定管理事業
123,385,553円(35.9%)
「大和市まごころ地域福祉センター」の指定管理者として、老人デイサービス事業、子育て支援センター事業、地域包括支援センター事業等を実施しました。

写真

赤ちゃんと母親

法人運営事業
120,265,822円(34.9%)
住民代表や関係施設・団体等の代表により構成されている理事会、監事会、評議員会において審議、執行され、具体的な事業は事務局により推進しました。

収益事業区分
収入 8,431,805円
飲料自販機(29台)と証明写真機(1台)の売上手数料、不要入れ歯リサイクル還元金等
支出 6,019,458円
人件費及び事務費支出、社会福祉事業区分への繰出し

写真

入れ歯リサイクル事業

本件に関するお問い合せ…大和市社会福祉協議会 総務課 TEL:046-260-5633
目次へ

市社協情報コーナー

大和市社会福祉協議会会員加入のお願い
~あなたの会費が地域福祉を支えています~

自治会の皆様のご協力のもと募集しています

  • 一般会費(一世帯)…年額 300円
  • 賛助会費(一口)……年額1,000円以上
  • 特別会費(一口)……年額5,000円以上

市社協から直接ご依頼募集しています

  • 自治会外特別会費(会社・企業)
    ……………………一口 5,000円以上
  • 種別会費(団体・施設)
    ……………………(年額)5,000円

「会員制度」は、地域福祉を進める主役は住民一人ひとりであるという理念のもとに。地域福祉に参加する方法の一つとして
設けられているもので、募金や寄附と同様に皆様の任意に基づくものです。
期間中自治会の役員さんが会員加入のお願いのため、各家庭にお伺いしますので皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

※大和市社会福祉協議会の会費は寄付金控除の対象になります。
会員会費に関する問合せは…大和市社会福祉協議会 総務課 TEL:046-260-5633

夏休み!福祉体験してみたい中高生 このゆびとまれっ!

事業名称 夏休み福祉体験チャレンジ学習
対象 市内に在住又は、在学の中高生・高校生
内容 ①高齢者施設でのお祭り盛り上げボランティア
②子育て支援ボランティア
③障がい者施設での作業補助ボランティア
④地域サロン盛り上げボランティア
⑤車いす清掃ボランティア
⑥福祉イベントサポートボランティア
日程 事前オリエンテーション…7月22日(土)13:30~16:30 大和市勤労福祉会館3階ホール
体験学習期間…7月23日(日)~8月24日(木)
※内容によって体験学習先が異なります
修了式…8月25日(金)13:30~16:00 大和市保健福祉センター4階講習室
費用 無料
定員 30名(定員を超えた場合は抽選)
締切り 7月10日(月)
申し込み方法 ①体験したい学習内容 ②体験希望日時を決めて各〆切までに電話または、窓口にてお申込みください。

事業名称 保育入門講座
対象 市内に在住又は、在学の中高生・高校生
内容 市内保育園での保育体験実習
日程 事前オリエンテーション…7月22日(土)13:30~16:30 大和市勤労福祉会館3階ホール
体験学習期間…7月23日(日)~8月24日(木)
※期間中、2~3日間保育園で実習を行ないます
(月~金の8:30~16:30)
修了式…8月25日(金)13:30~16:00 大和市保健福祉センター4階講習室
費用 無料
定員 30名(定員を超えた場合は抽選)
締切り 6月30日(金)
申し込み方法 ①体験したい学習内容 ②体験希望日時を決めて各〆切までに電話または、窓口にてお申込みください。
目次へ

すぐ話せる手話 NO.103/ふくしのこころみ~つけた「暮らしの福祉探検隊」78

すぐ話(はな)せる手話(しゅわ) No.103「思(おも)いやりの・心(こころ)を・育(そだ)てよう」

【思いやりの】
①右手人差指(みぎてひとさしゆび)の指先(ゆびさき)をこめかみにあてる
②左手(ひだりて)の親指(おやゆび)を立(た)てた背(せ)を右手(みぎて)のひらで2回(かい)たたく
【心を】
③右手人差指(みぎてひとさしゆび)をお腹(なか)にあてる
【育てよう】
④左手(ひだりて)の親指(おやゆび)を立(た)て右手(みぎて)の指先(ゆびさき)を近(ちか)づけながらあげていく

ふくしのこころ み~つけた!「暮(く)らしの福祉探検隊(ふくしたんけんたい)」78

女性

「ふくしのマークのクイズです。上(うえ)の絵(え)と、その説明(せつめい)の正(ただ)しい組(く)み合(あ)わせを線(せん)でつないでみよう。

男の子

「外見(がいけん)からは分(わ)からないけれど、周(まわ)りの人(ひと)の理解(りかい)や助(たす)けが必要(ひつよう)な人(ひと)がいるんだね。」

女性

「いろいろな人(ひと)がいることを知(し)り、そして困(こま)っている人(ひと)がいたら声(こえ)をかけてあげられるようになりたいね。」

イラスト

①ヘルプマーク
周(まわ)りからの配慮(はいりょ)を必要(ひつよう)としていることを理解(りかい)してもらうためのマーク
→見(み)た目(め)だけでは分(わ)かりにくい病気(びょうき)があって疲(つか)れやすい

イラスト

②マタニティマーク
妊娠(にんしん)していることを知(し)らせ、周(まわ)りからの配慮(はいりょ)を必要(ひつよう)としていることを理解(りかい)してもらうためのマーク
→お腹にぶつからないでほしい

③介護マーク

介護中(かいごちゅう)であることを理解(りかい)してもらうためのマーク
→駅(えき)などのトイレに介護(かいご)で付(つ)き添(そ)っていることを知(し)ってほしい

問合せ:やまとボランティアセンター TEL:046-260-5643

福祉作文を募集します

大和市福祉推進委員会では、「思いやりのこころ」、「いたわりの心」、「やさしい心」など福祉の心を考えていただくとともに、大和市「福祉の日」(10月15日)を知っていただくことを目的に福祉作文を募集します。

1.作文テーマ 「日頃、福祉について感じたこと、考えていること、体験したこと」
2.募集対象 大和市内に在住・在学の小学校4年生から高校3年生まで
3.原稿枚数 400字原稿用紙3枚以内
※原則手書き(手書きが困難な場合のみ、パソコンでの作成可)
※必ず最初の3行に題名、学校名、学年、クラス、氏名を明記してください。
4.作文の提出 ・市内の学校に通っている方については、学校に提出してください。
・市内にお住まいで、市外の学校に通っている方については、直接郵便でお送りください(あて先は、「応募先・照会先」をご覧ください)。※提出作品は返却しません。
5.その他 ・優秀作品については、10月14日(土)に行われる「福祉の日」の集いで表彰され、市のホームページなどに掲載されます。
・応募作品の著作権は、主催者に帰属するものとします。
6.原稿締切 平成29年9月4日(月)必着
7.応募先・照会先 大和市福祉推進委員会事務局
健康福祉総務課 地域福祉担当 村木、堀、加藤
住所 〒242-0004 大和市鶴間1-31-7(大和市保険福祉センター内)
TEL:046-560-5604 FAX:046-262-0999
*受賞者は、学校名等が公表されますので、予めご了承ください。
目次へ

大切にしますあなたの善意

皆さまからの善意の寄附は、ボランティア活動や地区社協活動の推進、広報活動の充実等、市社協の事業を行う上での貴重な財源になります。
金額の多寡にかかわらず、年間を通して受付しておりますのでご協力をいただきますようお願いいたします。
なお、寄託品についてもご相談ください。
平成29年3月1日から4月30日までにお寄せいただいた寄附金は18件1,289,895円、寄託品は72件でした。
どうもありがとうございました。

寄附金をお寄せいただいた皆さま(順不同・敬称略)

社会福祉のために

  • 藤田 勉3 件
  • ㈲肉の太田屋
  • ㈱ししくらセレモニー
  • 天野 龍平
  • 松下 佑子(ヤスコ)
  • 戸大建設工業㈱
  • ㈱小菅不動産
  • 愛の小箱
  • 匿名3 件/ 書き損じハガキ寄附者(1,859 枚分)

障がい福祉のために

  • 岡田 稔 2件

指定寄附

  • ㈲肉の太田屋・・・渋谷西・和田地区社協へ
  • 匿名・・・まごころ地域福祉センターへ

寄付金をお寄せいただいた皆さま(敬称略・順不同)

  • ㈱アペックス・・・トイレットペーパー 400ロール
  • 西山 力(ツトム)・・・ブルーレイディスクDVDプレイヤー
  • 別府 順子・・・紙オムツ、防水シーツ
  • 大屋 真知子・・・紙オムツ、高カロリー栄養食品
  • 窪田 幸子(サチコ)・・・カセットテープ
  • (公社)大和法人会女性部会・・・タオル
  • 関野 かよ・・・ハイ&ローベビーチェア
  • 福田 宗隆・・・ストーブ、食器、琴
  • 平山 明美・・・ボールプール
  • 浅野 悦夫・・・シーツ、敷き布団
  • 菅谷 美恵・・・絵本、電気ケトル等
  • ㈱真心葬祭・・・洗剤
  • けやきサポート・・・シルバーカー
  • 田中 昌義・・・シーツ、敷き布団
  • ㈱ジェイコムイーストかながわセントラル局、コカ・コーライーストジャパン㈱、イトーヨーカドー大和鶴間店、㈲ウエキ文具センター、日産自動車㈱座間事業所・・・大和市民まつり景品用
  • 勝俣 文雄、㈱向栄、神山 節子、長野 冨美子、福田 住人、匿名・・・使用済み切手
  • 匿名8件・・・洗剤、石鹸、シャツ、下着、靴下、将棋盤、シャワーキリー、パジャマ、ホットプレート、布団、羽毛布団、マット、グリセリン等

~もったいないからありがとうへ~ にご協力いただいた皆さま(順不同・敬称略)

  • ㈱悠煇ドキわくランド大和駅前店
  • ハイム桜ヶ丘自治会
  • ロゼホームつきみ野
  • 中村 吉子
  • コミュニティセンター深見北会館
  • 匿名26件

※大和市社会福祉協議会への寄附は、寄付金控除(所得控除か税額控除を選択できます。)の対象になります。
詳しくは、市社協総務課へご連絡いただくか、ホームページをご覧ください。
問合せ:大和市社会福祉協議会 総務課 TEL:046-260-5633
なお、寄附君をお寄せいただいた皆さまは広報やまとでも紹介しています。
寄付者のご紹介はホームページでもご覧いただくことができます。

~もったいないからありがとうへ~

経済的に困り、緊急に食料を必要とする方がいらっしゃいます。
非常用として備蓄し、入れ替えが必要になった次の保存食や贈答品等をご提供ください。
缶詰・米・アルファ米・レトルト食品・ビスケット等
※賞味期限が1 か月以上先のものに限ります。
問合せ: 大和市社会福祉協議会 総務課
TEL:046-260-5633

平成28年度 寄付金 合計 133件 5,403,544円

  • 社会福祉のために 4,990,594円(109件)
  • 地区社協等へ(指定寄附) 317,950円(11件)
  • 障がい福祉のために 65,000円(12件)
  • 交通遺児のために 30,000円(1件)

平成28年度寄託品 合計308件

そのうち、~もったいないからありがとうへ~の食料品の寄附は117件でした。
自立相談支援や緊急生活貸付資金の相談者の他、こども総務課からの仲介者、
市内の放課後児童クラブ、有志で実施している「こども食堂」へ「笑顔のおすそわけ」として提供し大変喜ばれています。

平成28年熊本地震義援金

神奈川県共同募金会大和支会では、平成30年3月31日まで期間を延長して義援金の募集を行なっています。
義援金は、共同募金会を通じて、被災地に送られます。
皆様のご支援、よろしくお願い致します。

【これまでに寄せられた義援金の累計額】

19件 1,015,663円(平成28年4月19日~平成29年3月31日まで)

問合せ:神奈川県共同募金会大和市支会(大和市社会福祉協議会総務課)
TEL:046-260-5633

不要な入れ歯をお寄せください!!

大和市社会福祉協議会では、下記の場所に「不要入れ歯回収ボックス」を設置しています。
NPO法人日本入れ歯リサイクル協会を通じて入れ歯の中の再利用可能な貴金属を回収・精製することにより得られた収益金を市内社会福祉活動の推進に役立てています。ご家庭に眠っている入れ歯がありましたら、ぜひ協力を、よろしくお願いします。

入れ歯回収ボックス設置場所

大和市役所1階、渋谷分室
大和市保健福祉センター1階及び3階、大和市まごころ地域福祉センター1階
問合せ:大和市社会福祉協議会総務課
TEL:046-260-5633
目次へ

大和市子育て支援センター情報

※離乳食・授乳コーナーがあります。ご利用ください。
子育て支援センターサロンは月~土(祝日を除く)9:00~16:30 未就学児が遊べる場所です

産後すぐのママのおしゃべりの場 ほや*ほや

日時:①6月22日(木) 13:30~15:00、②7月27日(木) 13:30~15:00
内容:母子のふれあい遊び、ベビーマッサージ、参加者同士の交流と情報交換
対象:①平成29年3,4,5月生の母子、②平成29年4,5,6月生の母子(先着各20組)
申し込み:①6月15日(木)~、②7月18日(火)~

ママとベビーの友達作りの場の場 バブちゃんとあそぼ!

日時:7月11日(火) ①10:30~11:30、②14:00~15:00
8月8日(火) ③10:30~11:30、④14:00~15:00
内容:親子の手遊び、ベビーヨガ、参加者同士の交流と情報交換
※①②及び③④はいずれかのみ参加
※動きやすい服装でお越し下さい。
対象:①②平成29年1,2,3月生の親子
③④平成29年2,3,4月生の親子(先着各20組)
申し込み:①②6月15日(木)~、③④7月18日(火)~

ママのための交流の場 ポニョ∞ポニョ

日時:7月6日(木) ①10:30~11:30、②14:00~15:00
8月3日(木) ③10:30~11:30、④14:00~15:00
内容:親子の手遊び・ふれあい遊び、仲間づくり、離乳食などの情報交換
対象:①②平成28年10,11,12月生の親子
③④平成28年11,12月、平成29年1月生の親子(先着各30組)
申し込み:①②6月15日(木)~、③④7月18日(火)~

身体測定・育児相談

日時:①6月16日(金) 9:30~10:30
②7月3日(月) 9:30~11:00
内容:乳幼児の身体測定と育児相談(希望者のみ)
<相談担当>①小児科医(エコチル育児相談)、保育士
②保健師、栄養士、保育士
申し込み:不要
※大和市は、エコチル調査(子どもの健康と環境に関する全国調査)の対象地域です。
小児科医によるエコチル育児相談は、市内にお住まいの未就学児であれば、どなたでもご参加頂けます。

ママのためのおしゃべりの場 ちぇりー・かふぇ

日時:①7月14日(金)、②8月18日(金) 10:00~11:30
内容:子育てに悩む母親のリフレッシュの場、母親同士の情報交換など
対象:未就学児を子育て中の母 ※保育有り(定員各6名)
申し込み:随時

ふたごちゃん・みつごちゃんのつどい TWINKLE☆スター

日時:①6月20日(火)、②7月4日(火) 10:30~11:30
内容:参加者同士の交流・懇談など
対象:ふたご・みつごの親子(妊娠中も可) 各15組
申し込み:随時

O-38ママの集い

日時:7月12日(水) 10:00~11:30
場所:桜丘学習センター3階 集会室
内容:育児ワンポイントアドバイス、参加者同士の交流など
講師:大和市保健師
対象:38歳以上で第一子を出産し、子育てをしている母と子(平成26年12月以降に生れた子)
38歳以上の妊婦(先着30組)
申し込み:受付中

マタニティCafe

日時:6月22日(木) 11:00~12:00
内容:ハンドトリートメント、参加者同士の交流など
対象:安定期に入った妊婦 ※第一子妊娠中の方優先(先着10名)
申し込み:随時

U-22ママのつどい

日時:6月27日(火) 10:00~11:30
内容:参加者同士の交流、情報交換、手遊び等
対象:第1子を22歳以下で出産した子育て中の母と子、22歳以下であれば妊娠中の方(出産時の年齢が22歳以下であれば現在22歳を超えていても参加できます)(先着15組)
申し込み:受付中

グランパ・ぐらんまのつどい

日時:7月8日(土) 14:00~15:30
内容:現在の育児に関する情報提供、育児支援における祖父母の役割、実技指導(乳幼児の栄養について、栄養サポートやまとの管理栄養士の方にもご協力いただく予定です。)
対象:3歳程度までの孫がいる祖父母、これから祖父母にんる予定の方、この講座にご興味のある方(先着20名)
申し込み:受付中
目次へ

きて・みて・きいて/ぼしゅう・募集・ぼしゅう

特技を生かしたボランティアを募集しています
あなたの特技を善意に変えて

囲碁や将棋、楽器演奏、踊り、手品、パソコン操作、絵手紙、手芸などなどなど!
あなたの特技に「福祉」というスパイスを加えませんか?
ぜひ、やまとボランティアセンターまでご連絡ください!
TEL:046-260-5643 E-mail:vc@yamato-shakyo.or.jp

特別養護老人ホームでの夏祭り

和喜園 夏祭り

と き:7月28日(金) 18:00~19:30 ※雨天決行
ところ:和喜園(下和田822-1)
内 容:模擬店(フランクフルト、やきそば、飲み物等)、盆踊り、職員による出し物など
問合せ:特別養護老人ホーム和喜園
TEL:046-268-2733(担当:総務・隈元)

ひまわりの郷 納涼祭

と き:8月6日(日) 17:00~18:30 ※雨天中止
ところ:ひまわりの郷駐車場(上和田3467-1)
内 容:屋台、盆踊り、和太鼓、職員による出し物など
問合せ:特別養護老人ホームひまわりの郷
TEL:046-201-0310(担当:大内)

介護者教室

「目からウロコ!ピタッとくる介護ベッドや補聴器はどんなもの?」
~介護にまつわる情報交換をしながら、安心で最適な福祉用具を学びましょう~

と き:7月18日(火) 13:30~15:30
ところ:大和市まごころ地域福祉センター 2階
内 容:学習会①「使いやすい介護ベッド、安全に起き上がれる福祉用具を知ろう」
学習会②「聴力低下を防ぎ、これからも会話を楽しめる補聴器とは」
介護者同士の情報交換
講 師:パナソニックエイジフリーショップ横浜いずみ
福祉用具専門相談員
対 象:現在、家族の介護や身の回りの支援をしている人
これからの家族介護や支援のために学びたい人
定 員:20名
申込み:福祉北地域包括支援センター
問合せ:(まごころ地域福祉センター内) TEL:046-267-9992

市民福祉のつどい

と き:7月31日(月) 10:00~16:00
ところ:イオンモール大和1階ライトコート
内 容:手話や録音体験コーナーと市内ボランティアグループの活動パネル展示等
主 催:大和市ボランティア連絡協議会
問合せ:やまとボランティアセンター TEL:046-260-5643

介護者茶話会

と き:7月15日(土)、9月15日(金)、11月15日(水)
平成30年1月15日(月)、3月15日(木)
すべて13:30~15:00
ところ:サンホーム鶴間(西鶴間8-1-2)
内 容:介護者、介護経験者の交流・情報交換 ※参加費無料
申込み:鶴間地域包括支援センター
TEL:046-271-2770

大和市社協まごころデイサービスセンター
~介護保険法に基づくデイサービス事業を行なっています~

ケアワーカー募集

募集職種:介護職(臨時職員)
募集要件:介護福祉士又は介護職員初任者研修修了者
勤務内容:まごころデイサービスセンターでの介護業務
勤務時間等:週2~3日(8:30~18:00までの8時間以内)
勤務場所:大和市まごころ地域福祉センター(柳橋2-11)
採用日 :随時採用。半年契約(更新あり)
応募方法:電話にて随時応募。応募時に面接日程を調整。
採用試験:書類選考及び面接。
その他 :詳細は本会ホームページをご参照ください。

利用者・見学者募集

営業日 月曜~土曜日(日曜祝祭日、12/29~1/3除く)
営業時間 9:20~16:30

写真

こころもからだも元気

写真

大きなお風呂でゆったり入浴

問合せ:大和市まごころ地域福祉センター TEL:046-267-9992

発行 社会福祉法人 大和市社会福祉協議会
編集 広報委員会
〒242-0004 大和市鶴間一丁目25 番15 号 大和市役所第2 分庁舎内
TEL:046-260-5633
FAX:046-263-2446
URL : http://www.yamato-shakyo.or.jp/
E-mail : vc@yamato-shakyo.or.jp

◎社協だよりへの広告掲載募集!

お問い合わせは、やまとボランティアセンターへ
(TEL : 046-260-5643 FAX : 050-3730-9430)

次号の発行は

※次号の発行は8月15日です。
掲載したい情報は、6月30日(金)までにお寄せ下さい。
なお、紙面が埋まり次第、受付を締め切らせていただきます。
ご意見・ご感想もお待ちしております。

インターネットで

インターネットで大和市社協を検索してください。
本紙は再生紙を使用しています。
目次へ