市民後見人養成講座を開講します!

2021年12月03日 生活支援

 

◇市民後見人とは・・・

市民後見人は、市町村による養成研修を受講し、成年後見制度に関する知識と態度を身につけ、家庭裁判所から選ばれた一般市民による後見人の方です。住み慣れた地域で安心して暮らすことができるように、市民の特性を活かした地域の担い手としてますます注目されています。

 

◇成年後見制度とは・・・

成年後見制度とは、認知症や障がい等により、判断能力が十分でない方の権利を守り、ご本人の意思を尊重しながら財産管理や契約締結等を行い、その生活を支援する制度です。

 

◇市民後見人の主な活動内容

  • 預金通帳などの財産管理や、収入や支出の金銭管理を行います。  
  • 生活上に変化がないか定期的に訪問します。
  • サービスの利用契約などを、ご本人に代わって行います。
  • 家庭裁判所に報告するために財産目録や収支状況報告書の作成等を行います。                

 

◇市民後見人養成講座(基礎研修)について

大和市では、ご本人と同じ目線と感覚で寄り添い、適切な財産管理等の活動ができる市民後見人の養成を行っており、この度、第2期市民後見人養成講座(基礎研修)を開講いたします。受講をご希望される方は、まずは説明動画をご視聴していただく必要があります。

 

詳しい内容はこちらをご覧ください。