大和青年会議所から車いすを寄附していただきました!

2020年12月05日 寄付

 

 令和2年11月25日(水)、一般社団法人大和青年会議所(北島隆太郎理事長)の皆さまが市社協を訪れ、車いすを寄附してくださいました。

 同会議所では、平成16年から学校やコミュニティセンターなどの公共施設を中心に市内約40か所に回収箱を設置してステイオンタブ(プルタブ)回収事業に取り組んでいます。市民から寄せられたプルタブは、換金したうえで車いすを購入し、社会貢献活動として毎年市社協に寄附をしていただいています。

 今年は、新型コロナウイルス感染症の影響から休校や公共施設の休館などにより回収量は例年の3分の1程度でしたが、北島理事長は「こういう状況下でもプルタブ回収事業に協力していただける方がたくさんいらっしゃることに勇気づけられます。なかには休館施設に持参できないからどうしたらよいか、と問合せもいただきました。例年3台から4台程度寄附できていたのに比べれば今年は1台となりましたが、継続することが大事だと思いますし、プルタブをお寄せいただいた皆様の思いも詰まっております。」とあいさつをされました。

 いただいた車いすは、市社協が無料で貸出しを行っている事業に活用をさせていただきます。ありがとうございました。