FMやまとに出演しました(6/23)

2020年06月24日 総務課

【テーマ】   

   「地域福祉は、住民の皆さんによって支えられています!」

    ~会員会費募集事業のお願いと大和市善意銀行のご紹介~

【出演】   

   大和下鶴間郵便局局長 / 鏡 克利 さん

   マスクづくりボランティア / 稲田 こと さん

   大和市社会福祉協議会・総務課 / 江原 純一

 

 今回の放送では、市社協の自主財源である「会員会費」募集事業のお願いと、寄附金や寄託品をお預かりする「大和市善意銀行」の取組みについて紹介しました。

 大和下鶴間郵便局では、以前から募金箱の設置にご協力をいただいていました。現在では、ボランティア作成の笑顔ストラップやキーホルダー、巾着袋、そして手作りマスクを置いていただき、「大和市善意銀行」にご協力をいただいています。7月からはレジ袋が有料化されることから、ボランティア作成の「エコバック」も置いていただくことになりました。

 稲田さんは、民生委員や地区社協の活動を長年続けられ、ご自身でもサロン事業を立ち上げるなど、精力的に地域活動に尽力されて来られました。その傍ら、本会が行う生活困窮者等への食料支援事業に賛同し、食料品の寄附も続けてくださっています。最近では、ご寄附でいただいた布を使ってマスクを作成していただき、その数は400枚を超えました。

 会員会費の募集はすでにスタートし、自治会や福祉施設・団体、企業等から納入をいただいております。寄附金・寄託品は年間を通じて募集しておりますので、ぜひご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 それぞれの事業の詳細は、下記ページをご覧ください。

http://www.yamato-shakyo.or.jp/archives/page-category/donation