たくさんの方からいただいた手づくりマスク!購入していただくと市社協への寄附になります

2020年05月21日 お知らせ

購入いただいた代金は全額社会福祉協議会の寄附になります!
―ご協力をお願いします―

 新型コロナウイルス感染症の収束がみえない状況が続いているなか、以前にも増してマスクを着用する意識が強くなっています。

 大和市でも、周囲の人に感染させないという思いやりの心を大切にしながら自分自身も感染予防に努めるため、「おもいやりマスク着用条例」を制定し、市民一人ひとりがマスクを着けるよう呼びかけています。

 手づくりボランティア“絆小屋”では、平成29年から笑顔ストラップや巾着などを手づくりし、その売上から材料費を除いた額を市社協に寄附をしていただいておりましたが、この新型コロナウイルスの感染拡大の状況をみて新たにマスクの作成をはじめました。また、”絆小屋”の活動に賛同していただいたボランティアなど、多くの市民の皆さんから手づくりの布マスクをいただいています。

 徐々に解消されてきているものの、まだマスク不足が解消されたとはいえない状態が続いています。市社協では、たくさんの方が手づくりしていただいた、この”思いやり”たっぷりの布マスクを次の場所で販売しています。大人用や子ども用、さらには立体型やプリーツなど大きさや種類もさまざまです。金額は100円の子ども用から300円までとなっています。

 購入していただいた代金は、全額市社協への寄附となり、ボランティアや地区社協の活動支援、福祉に関する情報提供など地域福祉活動に活用させていただきます。皆さまのご支援とご協力をお願いいたします。

 

【販売場所】
 ・郵便局(大和下鶴間・南林間六・鶴間駅前・大和上草柳・相模大塚駅前・南大和・大和柳橋・大和桜ヶ丘・大和福田)
 ・セブン-イレブン(大和鶴間1丁目店・大和東1丁目店)
 ・やまとボランティアセンター(保健福祉センター4F)

 ※品切れや在庫切れの場合もありますので、あらかじめご承知おきください。

 

【問い合わせ】
  ・総務課(善意銀行):☎046-260-5633
  ・ボランティアセンター:☎046-260-5643